排水中のSS分やダイオキシン・重金属を除去したい

背景

工場で排水中のSS(懸濁物質)が多く、排水基準値(200mg/L)を超え1100mg/Lとなってしまっています。 排水基準値内になるようなんとかできないでしょうか?

解決

当社では、従来の凝集沈殿処理とは全く異なった排水の固液分離法「ダイナミックろ過システム」を確立しました。 排水に含まれている濁質分を、金属製メッシュ膜の表面に堆積させその堆積層(ダイナミック層)をろ過体として水と分離させる「ろ過法」です。
さらに当社製造販売のUF膜を組み合わせ、UF膜を通して確実な除去を行い、清澄な水とします。1100mg/Lの原水であれば、0.5mg/L以下までSS分の除去を実現した実績があります。

関連製品

まずはお気軽にご相談ください

  • お問い合わせ
  • 資料請求