資料請求

ダイセルグループ

医療システム

透析用水作製装置NFRシリーズ

従来型の軟水器を使用したタイプに代わり、NF膜を前処理とした2段階逆浸透膜システムを採用した透析用水作製装置です。軟水再生時の食塩補充、再生時の排水が不要となり、NF膜から出る排水は排水回収膜(UF膜)を使用して原水タンクに戻して再利用(トータル回収率約70%を実現)できるため、大幅な節水とランニングコストの低減を実現します。

NFRシリーズの特長

節水型2段逆浸透膜システムの採用
いままで捨てていたNF膜から出る排水をRU膜で処理することにより、トータルで約70%を回収して再利用することが出来ます。大幅な節水、ランニングコストの低減が可能なシステムです。

ROモジュール集水管循環システム(オプション)
PWCシステム(Permeate Water Circulate System *特許出願中)は、滞留水によるRO膜の汚染を防ぐためROモジュール内で循環を行うシステムです。

薬液・熱水の2種類の洗浄機能を選択可能
ニーズに合わせて薬液洗浄あるいは熱水洗浄のいずれかの洗浄機能を選ぶことが出来ます。

システムフロー

NFRシリーズの標準的な薬液洗浄機能搭載のフローとなります。

NFRシリーズの標準的な熱水洗浄機能搭載のフローとなります。

お電話の場合は

メディカル営業部 ※東京本社にて「ISO 13485」取得
  • 東京 03-6631-3001
  • 大阪 06-7639-7351
  • 札幌 011-784-7321
  • 東北 022-308-7081
  • 名古屋 052-509-1621
  • 広島 082-830-5011

関連製品

SHRシリーズ
SHRシリーズ
高いエンドトキシン吸着性能を持つUF膜(UXシステム)、薬液洗浄機能、低圧ROモジュールを標準で搭載しており、同スペックの透析用水作製装置と比べ、ROモジュール本数を減らしランニングコストを低減します。
FC-REシリーズ
VCRシリーズ
FC-REシリーズは、RUシステムが不要な施設に最適です。少床数の小規模向けから大規模施設向けまで、広範囲にラインナップしています。