ダイセン・メンブレン・システムズ株式会社

ダイセルグループ

断水対策、水道料金削減をご検討されている皆様へ

水道水質基準以上の水質!!地下水活用システムで経費負担を70%削減!

ダイセン・メンブレン・システムズの地下水活用システム

例えば年間21,400,000円の膨大な水道料金を削減したい
病床数650床の医療施設の場合:地下水活用システムをリース導入すると

医療機関では、診療報酬の大幅な減少に伴い、より一層の経費削減が求められています。
安全のレベルを下げることなく、恒常的な経費削減を実現します。

毎月かかっていた水道料金に代わり、設備リース費と保守点検等の経費をのぞく削減額が利益として換算:水道料金21,400,000円/年⇒経費負担14,980,000円/年。経費負担30%削減。※設備を7年リースで契約した場合を想定しています

お電話の場合は:環境システムグループ 東京 03-6631-3000

メールの場合は

  • お問い合わせ
  • 資料請求

導入からメンテナンスまで責任を持って対応いたします

導入フロー

システム提案→さく井→システム確定・設置工事→各種届出→給水開始→メンテナンス ※お客様の設置場所の環境や状況に より多少の変更があります

メンテナンス・保守・管理について

恒常的な運用には欠かせない万全のメンテナンス体制を
ダイセン・メンブレン・システムズが責任をもってご提供します

遠隔監視システムによって、トラブルを未然に回避して安心してシステムを活用いただけます。万が一装置に異常が発生した場合は、同時に弊社のメンテナンス担当者に警報が発信され、復旧作業にあたります。

高度なセキュリティシステムに守られているため、水質データは外部に漏れることはありません。

導入時のよくあるご質問にお答えします

地下水の汲み上げは規制されているのでは?

自治体によって様々なルールがもうけられています。当社は各自治体のルールを守り、お客様に安心してご活用いただけるシステムをご提案いたします。

取水で地盤沈下は起きないか?

環境破壊を引き起こすことのないよう事前に十分な調査を行います。地盤沈下は、戦後の高度成長に伴う、長期にわたる多量の地下水汲上げに起因しています。その取水量は、一施設当たり数千m3/日にも上りました。当社がご提案の対象とする取水量は一施設当たり50〜250m3/日で、揚水量の点でも地盤沈下が起こることは基本的にありません。

地下水の水量や水質の問題で使えないことはないか?

事前に削井地点の地盤・水源を十分に調査いたします。その結果、水質・水量ともに条件を満たしていると判断された物件について正式にご提案しますので安心です。

地下水汚染の心配はないか?

地下水汚染は、地表より混入する汚水・生活廃水が原因で起こります。通常、100m前後の深井戸を掘り、2〜3層の不透水層の下から取水しますので地表近くの汚染された水が浸入することはありません。また、汲上げられた水は当システムにより高度浄水処理を施され飲用適応水になりま す。

地下水と水質処理の仕組み

地表から浸透した水は、長い年月をかけ自然ろ過を経て地下水となります。
その良質な地下水を深井戸からくみ上げ、高度な処理水を作り出します。

お電話の場合は:環境システムグループ 東京 03-6631-3000

メールの場合は

  • お問い合わせ
  • 資料請求